あなたをプロデュース!運命の美容室に出会うための総合情報

絶対に後悔しない!サロンで過ごす日の心得

なぜ?後悔してしまう理由

「美容室はこういうもの」という価値観があると、その価値観に沿わないときに、落胆してしまうものです。落胆は、ほんの些細なところからやってきます。
たとえば、掃除が行き届いていなかったり、担当してくれた美容師さんの手に指輪がついていて、頭に当たった時に痛かったり。
その日だけたまたま起こった出来事かもしれないですが、それでも目についたら嫌になってしまうもの。
どんな要因があれ、「当たり前」のサービスが受けられないとき、悲しい気持ちになることは避けられません。

掃除が行き届いているのかどうか、笑顔で挨拶ができているのかどうか。いい美容室こそ毎日の習慣を徹底できているものです。
そしてそこに、人気になる理由の本質があります。
話題の美容室は、あなたに輝きだけでなく、常に癒しを与えてくれます。決してがっかりにはさせません。

絶対に妥協してはいけないこととは?

どんなにいい美容室で、どんなにいい美容師さんに出会っても、自分の希望が伝わっていなかったら全く意味がありません。
諦めないで、遠慮せずに伝えることが重要です。
これくらい言えば伝わっただろう、という固定観念は捨てましょう。
違う人間ですから、自分の頭の中と、相手の頭の中は、一致はしないものです。言葉も、自分と相手の中での意味合いが異なりますし、写真も、見え方は違うものです。
むしろ、しつこいくらいがちょうどいいです。
そして、違う言葉を使って言い換えながら、何度も伝えていきましょう。「こうしてください」「はい、かしこまりました」という一方通行のやり取りではなく、会話をしましょう。
美容師さんに自分の希望を言い換えてもらうと、相手が自分の理想を理解してくれているのかどうかがわかります。
本当の会話なら、「なぜ?」という疑問もわいてきますので、自分の意図していることが、相手にも伝わりやすくなっていきます。